▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

宮城県 仙台市宮城野区

タカジン眼科

院長 高橋甚吉


 TEL:022-295-7121    詳細はこちら

福島県 郡山市

伊藤眼科

院長 伊藤健


 TEL:024-990-2528    詳細はこちら

東京都 武蔵野市

清水眼科

院長 清水裕子

 TEL:0422-55-8377    詳細はこちら

神奈川県 横浜市戸塚区

戸塚駅前鈴木眼科

院長 鈴木高佳

 TEL:045-860-7888    詳細はこちら

静岡県 富士市

杉浦眼科

院長 杉浦毅


 TEL:0545-65-8500    詳細はこちら

兵庫県 神戸市垂水区

眼科中橋クリニック

院長 中橋康治


 TEL:078-752-8818    詳細はこちら

福岡県 福岡市東区

医療法人秋桜会

福山眼科

院長 福山会里子

 TEL:092-691-7200    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

新「名医」の最新治療2011
 

白内障とその治療方法

白内障とは、眼の中のレンズである水晶体という組織が白く濁ったために、外からの光が眼の内へ十分入らなくなった結果、物が見えにくくなっている病気です。お年を取られたことが原因である老人性白内障が最も多いのですが、最近はアトピーや糖尿病、特殊な薬の影響、外傷などが原因で、若い人の間にも白内障が増えています。

点眼薬や飲み薬では一度混濁した水晶体を再び透明に戻すことはできません。白内障が原因で生じた不快な症状(視力低下、かすみ、まぶしさなど)を改善させ、視力を取り戻すためには、手術によって濁った水晶体を取り除き、眼内レンズという人工のレンズと交換する以外には方法がありません。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

眼内レンズは、単焦点レンズを使用することが一般的です。しかし、この場合は、調節力が失われるため、遠方視力を重視する度数に設定すると、近くを見るときは老眼鏡が必要で、近見視力を重視すると、遠くを見るときには眼鏡が必要になります。

そこで遠くも近くも眼鏡をかける頻度を減らしたいという要望にこたえるのが多焦点眼内レンズです。

多焦点眼内レンズの利点と問題点

現在使用可能な多焦点眼内レンズはその機序により、屈折型と回折型の2種類に大別されます。いずれも従来の単焦点レンズと比べるともうひとつ焦点が追加されている分、手術後に眼鏡をかける頻度を減らすことが可能です。しかし、多焦点と呼ばれていますが、実際の機能は遠近の2重焦点のレンズのために、決してすべての距離を連続的に眼鏡なしで見えるようになるわけではありません。また、単焦点レンズと比較して、若干ぼんやりした感じに見える可能性や、ハローやグレア現象と呼ばれる光が散乱したように見える現象も生じえます。

この2種類のレンズはそれぞれ異なる特性を持ち、それぞれに利点、問題点があるため医師は患者さんの眼所見のみならず、ライフスタイルをも考慮してレンズ選択を行う必要があります。そのため手術を受けられる方は、十分に医師と話し合うことが大切です。

また、術後の屈折度数が正視(近視、遠視、乱視がない状態)に近いことが、このレンズの性能を発揮させるためには必要なため、元々眼球に乱視がある方や、眼内レンズの度数が予想式と大きく異なった場合などは、遠方視、中間視、近方視のいずれか、もしくはいずれも眼鏡が必要になる可能性があります。

さいごに

本レンズはその価格が高く、現在のところ通常の白内障手術のように保険で使用することができません。従って本治療は自費医療もしくは先進医療( http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/index.html) になります。また、本レンズはその構造が繊細であり、運用には従来の単焦点眼内レンズにはない注意が必要です。

しかし、適応がある患者さんに正しく使用されれば、通常の単焦点レンズでは得られない2カ所の焦点を得ることが可能になり、患者さんの術後のライフスタイルに大いに貢献するものと考えます。

【特別寄稿】

柴 琢也(しば たくや)

東京慈恵会医科大学眼科学講座講師

1994年、東京慈恵会医科大学卒業。
同年、国立病院機構東京医療センター。
96年、東京慈恵会医科大学眼科学講座。
2002年、国立パリ第6大学附属眼科病院Quinze-Vingts 留学 (フランス)。
現在、東京慈恵会医科大学眼科学講座。
日本眼科手術学会理事、
日本眼内レンズ屈折手術学会理事


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ