▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

新「名医」の最新治療2011
 

外科治療は一つのオプションとして有効

脊椎は正中部分に1つしかないので、人間の体のバランスを保つという意味では重要な骨格の部分になります。脊椎に問題があり、しびれを感じる場合、基本的には血流不全が起きていることが多いといえます。

神経の圧迫や狭窄(きょうさく)が軽微なうちは軽いしびれがありますが、程度が強くなると症状も進行し、痛みや筋力低下、細かい動きがしにくい巧緻運動障害をはじめ、歩行障害や麻痺(まひ)に陥る場合もあります。そうした症状に対しては、薬による加療やリハビリにより落ち着いてしまう場合が少なくありません。

痛みがとれない、運動麻痺が起きているなど病気が進行した状況では、外科治療は一つのオプションとして考える良い手段だと思います。

MIS(最小侵襲手術)で切開や出血も少なく

特に高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症は、病気の原因がどこにあるかをきちんと診断し、行うべき治療をきちんと施行することができれば、かなりの改善が期待されます。この場合、脊柱管を広げるために一部の骨を削る手術や、神経をしめつける元になっている黄色靭帯を一緒に削り取る手術が一般的です。最近はMIS(最小侵襲手術)が広く行われるようになっているため、小さい侵襲で骨を削るということがそれほどむずかしくなくなっています。

椎間板ヘルニアの手術も、保存療法の改善がない場合に、責任病巣の確定診断をした後で、内視鏡下やオープンでヘルニアを取る治療が行われています。大きく切開するよりは、内視鏡下に小さい切開で、出血も少なく、筋肉へのダメージも少ない手術が、患者さんに一番いいと思います。入院期間も少なくて済み、医療費も抑えられます。

昨今、背骨のバランスが壊れてしまっている患者さんをよく見かけます。背骨がゆがんでいる状況で、腰椎分離すべり症、背骨がねじれてしまっているような側彎症などの方については、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによる障害を取り除いた後で、その乱れた背骨を正常の状態に戻して固定するという手術も多く行われています。背骨を固定して、良い状態にもっていくために、インプラントといわれるスクリューや、ロットというネジをつなぐものを入れて、それで姿勢を矯正していきます。

日本脊椎脊髄病学会認定の施設や医師に相談を

また、高齢者の脊椎の圧迫骨折が非常に増えています。脊椎の圧迫骨折は、1カ所起きると、2カ所、3カ所という場合が多く、複数認めると亀背といって、背中が曲がって、呼吸器や消化管を圧迫したりして整形外科以外の疾患を引き起こすことも多くなります。こちらも非常に良い治療法が出てきて、骨折を整復して、骨セメントで固めるという術式も行われています。

脊椎脊髄疾患は、日本脊椎脊髄病学会の認定を受けている施設や医師に相談するといいでしょう。運動麻痺も早期に治療しないと、改善しない場合が少なくありません。治療してもよくならない場合は、主治医に相談し、セカンドオピニオンとして、ほかの医師の診察を受けてみることもおすすめします。

【取材/秋山 晴康】

【取材協力】

米盛 公治(よねもり こうじ)

社会医療法人緑泉会
整形外科米盛病院 院長

鹿児島大学卒。
医学博士。
鹿児島大学非常勤講師。
日本整形外科学会認定整形外科専門医ほか


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ