▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

新「名医」の最新治療2011
 

八重洲歯科クリニックは、1人の患者に十分な時間を取って、適切な治療を選択している。再生療法など先端治療も導入し、質の高い歯科医療を目指している。

一人ひとりに時間をかけて質の高い治療を提供

全国からの来院も容易な東京駅近くにある八重洲歯科クリニック。完全時間予約制を敷き、複数の患者を同時に診察することもない。その姿勢について、「一人ひとりに十分時間をかけ、最適な治療方針と内容を選択することを心がけています」と木村陽介院長は語る。時間の制約なく進めるため、診療はすべて自由診療。丸1日かけて1人を治療することもある。

初診だけでも90分の時間を取り、悩みを聞きつつ細菌の検査やX線検査など多様な検査を行い、結果を説明しながら治療方針を提示。「質問にも詳細にお答えすることで、安心していただいて治療に移れます」

血小板による治療など先端の治療を積極的に導入

また、多様な症状や要望に応えるため、一般の歯科治療から歯周病治療、インプラント治療まで幅広く実施。時間をかけて質の高い内容を目指していく。

重視する治療法にCGFなど血小板を利用した治療がある。「患者さんの血液から採取した血小板を治療箇所に用いる治療法で、血小板内の成長因子などが骨芽細胞などに作用し、治療期間の短縮や痛みの抑制につながります」と説明する木村院長は早期から効果に着目し、インプラント埋入時や骨再生法など、さまざまな治療に活用している。

インプラント治療や歯周病治療ではピエゾエレクトリック機器も用い、正確で低侵襲な治療を心がける。症例によってインプラントと骨との結合や骨再生を促す超音波骨折治療器を併用し、さらなる治療期間の短縮を目指していく。

「すべての治療で最善を尽くし、歯を本来に近い状態で長く持たせることを目指しています」と木村院長は語る

【取材/鈴木 健太】

【取材協力】

木村 陽介(きむら ようすけ)

医療法人社団壮葉会
八重洲歯科クリニック 院長

北海道大学歯学部卒業、
東京医科歯科大学歯周病科専攻。
1990年7月に自由診療のみを行う歯科医院として八重洲歯科クリニックを開院

※同院の治療はすべて自由診療です。治療費は初診が90分で1万5千円、インプラント治療が植立費用約20万円(血小板を利用した治療を含む)、歯周病治療が症状により2万〜60万円、超音波骨折治療器による治療が約5千円


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ