▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

京都府 京都市下京区

くぼた泌尿器科クリニック

院長 久保田茂弘

 TEL:075-708-6317    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

新「名医」の最新治療2011
 

くぼた泌尿器科クリニックは、今年6月に京都駅前に開院。レーザーによる前立腺蒸散術をはじめとする低侵襲の日帰り手術を行っている。

経尿道的前立腺切除術やレーザー前立腺蒸散術

くぼた泌尿器科クリニックの久保田茂弘院長が目指しているのは、「科学的根拠を基準とする最新医療」である。たとえば、前立腺肥大症や前立腺がんなどの疾患では、薬による保存治療はもちろん、経尿道的前立腺切除術やレーザーによる前立腺蒸散術など、最新機器による治療を行っている。いずれも切らなくて済む、日帰り可能な低侵襲手術だ。

経尿道的前立腺切除術は手術器を尿道より挿入し、患部を削り取っていく。レーザー蒸散術では、尿道からアクセスして前立腺組織をレーザーで蒸散させる術式と、会陰(陰嚢と肛門の間)から前立腺組織を冷却しながら半導体レーザーで蒸散させる術式を行っているが、後者のほうが尿道粘膜の損傷を抑え、出血もほとんどなくて済むという。

さまざまな選択肢から納得のいく治療を

患者は、さまざまな選択肢の中から納得のいく治療を受けることができる。「オプションとして取りそろえた治療法の、それぞれの長所と問題点をお話しして、最終的には患者さんが何を選択するかに委ねます」。このため、カウンセリングを重視し、わかりやすい説明を心がける。

そこには、「患者さんを自分たちの身内同様に親身に診させていただき、納得のいく治療を目指します」という同院のモットーが息づいている。

【取材/秋山 晴康】

【取材協力】

久保田 茂弘(くぼた しげひろ)

くぼた泌尿器科クリニック 院長

1980年、長崎大学医学部卒業。
長崎大学病院、長崎市立市民病院、
神田医新クリニックなどを経て、
今年6月、くぼた泌尿器科クリニックを開院。
医学博士。
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医・指導医

※レーザー前立腺蒸散術は保険診療と自由診療があります。自由診療は約40万円(手術代、術前・術後の診察代、投薬代込み)

<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ