▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

埼玉県 朝霞市

すぎばやし歯科

副院長 杉林奈賀子

 TEL:048-475-0408    詳細はこちら

東京都 新宿区

飯田橋矯正歯科

院長 橋本幸治


 TEL:03-6228-1487    詳細はこちら

東京都 文京区

本郷さくら歯科

院長 尾島賢治


 TEL:03-5800-0010    詳細はこちら

神奈川県 三浦市

医療法人

今村歯科医院

副院長 今村直人


 TEL:046-882-0682    詳細はこちら

兵庫県 尼崎市

むらうち歯科

院長 村内利光


 TEL:06-6422-5555    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

おんなの気になる病気と医療の新常識
2010年12月03日 掲載

気付かれずに矯正したいという方におすすめ

歯科矯正で悩んでいる方は多くいらっしゃるでしょう。矯正治療をしたいけれど、目立つ矯正は恥ずかしい、痛いのもいや、そんな声をよくお聞きします。

従来は、歯にブラケットやワイヤーなどの固定式器具を装着する治療法が主流でしたが、アソアライナーは着脱可能な透明のマウスピースを用いて歯を矯正します。

痛みもなく、目立たない矯正で、取り外しも自由にできるため、誰にも気付かれずに矯正したいという方におすすめです。営業職のような、人と話をする機会が多い仕事の方でも、不自由を感じることなく治療が行えます。食事中も取り外すことで、料理をおいしく食べることができます。また、結婚式、卒業式、誕生日や、そうした記念日のアルバム撮影なども、一時的に取り外して臨むことが可能です。

移動量を細かく計算しアソアライナーを作製

アソアライナーは、歯並びのレベルや装着時間にもよりますが、一般的に2週間〜2カ月ごとに患者さんの歯型を採り、石膏模型を作ります。その模型上で歯を動かし、撮影した画像をコンピューター上で重ね合わせます。そして、どれくらい歯を動かしたらいいかを確認し、正確な移動や角度を測定してアソアライナーを作製します。

違和感がほとんどないのは、歯の移動量をきめ細かく、的確に計算しているからです。この作業を歯科医師と歯科技工士の連携で行い、ズレや不良品の少ない装置ができあがります。こうした作業を何度も繰り返し、新しいアソアライナーに交換しながら、歯列を整えていくのです。

歯科治療と並行して矯正治療を行うことも

矯正治療をする場合、口腔内診査を徹底します。むし歯や歯周病の方は、まず治療をしてから矯正治療に取りかかりますが、アソアライナーはそのつど作り直すので、歯科治療と並行して矯正治療をすることも可能です。

アソアライナーは、一般的には歯と歯の間があいているすきっ歯(空隙歯列)や凹凸の乱くい歯が治療の対象となります。

矯正の装置が外れると、開放感から後戻り防止の保定装置(リテーナー)は外しがちになる方もいます。また、一度後戻りすると、二度と装置を付けたくないと思いがちです。その点、アソアライナーは、透明で違和感がないため後戻りの患者さんで再度矯正を行う方から喜ばれます。

診断能力と治療技術のある歯科医師選びが大切

歯科矯正は、矯正の専門知識と診断能力、治療技術が要求されます。このため、治療にあたっては、きちんとアソアライナーを使いこなせる歯科医師を選びましょう。

簡単に取り外せるため、装置をあまり使っていただけない例も見られます。メーカー推奨は最低17時間以上とされています。なかなかむずかしいと思いますが、できるだけ長時間装着しますと、その分早く終了します。

無理な方は、就寝時間だけでも確実に付けてほしいものです。歯科矯正は、患者さんの協力が得られないと、なかなかゴールにたどりつきません。

【取材/秋山 晴康】

【取材協力】

太多良 俊光(おおたら としみつ)

青山通り表参道歯科クリニック 院長

熊本県出身。
2005年、国立長崎大学歯学部卒業。
神奈川県の歯科医院、青山の歯科医院に勤務の後、
08年、青山通り表参道歯科クリニック開院。
OJアクティブメンバー


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

【 関連する記事 】




治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ