▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

北海道 札幌市白石区

白石こども歯科クリニック

院長 山田聖弥

 TEL:011-864-0118    詳細はこちら

群馬県 太田市

ふじい歯科・小児歯科

院長 藤井智子

 TEL:0276-20-2232    詳細はこちら

埼玉県 越谷市

歯科クリニック三好

院長 三好克実

 TEL:048-987-8588    詳細はこちら

千葉県 船橋市

つちや歯科医院

土屋有里子

 TEL:047-432-8812    詳細はこちら

東京都 港区

キッズデンタル麻布

代表 坂部潤

 TEL:03-3568-7855    詳細はこちら

東京都 世田谷区

キッズデンタル成城

代表 坂部潤

 TEL:03-5429-1100    詳細はこちら

東京都 武蔵野市

桜堤あみの歯科

院長 網野重人

 TEL:0422-37-0777    詳細はこちら

岐阜県 関市

谷向歯科医院

院長 谷向務

 TEL:0575-23-9288    詳細はこちら

静岡県 浜松市北区

テクノ伊藤歯科

副院長 伊藤直子


 TEL:053-428-8211    詳細はこちら

京都府 京都市伏見区

医療法人

くわばら歯科医院

院長 桑原茂久

 TEL:075-572-8188    詳細はこちら

大阪府 大阪市城東区

大東歯科医院

大東道治

 TEL:06-6969-2113    詳細はこちら

大阪府 豊中市

辻歯科医院

辻恵子

 TEL:06-6852-3639    詳細はこちら

大阪府 枚方市

福田歯科医院

院長 福田敬

 TEL:072-840-0662    詳細はこちら

兵庫県 神戸市須磨区

斎藤小児歯科

院長 齋藤誠一

 TEL:078-735-0418    詳細はこちら

岡山県 岡山市北区

河田小児歯科医院

院長 河田安史

 TEL:086-222-1265    詳細はこちら

岡山県 岡山市北区

メイプルデンタルクリニック

院長 畦平一郎

 TEL:0867-24-4182    詳細はこちら

広島県 広島市佐伯区

きなみ小児歯科・矯正歯科医院

岡本潤子

 TEL:0120-86-6480    詳細はこちら

広島県 広島市佐伯区

坂井矯正歯科・小児歯科

院長 坂井哲夫

 TEL:082-923-0070    詳細はこちら

広島県 広島市佐伯区

土井矯正歯科・小児歯科医院

副院長 土井貴子

 TEL:082-922-3117    詳細はこちら

徳島県 吉野川市

井上歯科医院

院長 井上正仁


 TEL:0883-24-8501    詳細はこちら

福岡県 福岡市早良区

かとう小児歯科

院長 加藤陽子

 TEL:092-822-4680    詳細はこちら

福岡県 北九州市小倉北区

はしもと小児歯科医院

院長 橋本敏昭

 TEL:093-951-3100    詳細はこちら

長崎県 長崎市

葉山歯科医院

院長 葉山美佐雄


 TEL:095-857-0727    詳細はこちら

鹿児島県 霧島市

みやかわ小児矯正歯科

院長 宮川尚之

 TEL:0995-48-6040    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

ひよこクラブ
2011年01月15日 掲載

乳幼児の時期から歯の健康をチェック

子どもの健やかな成長のためには、体だけでなく、歯と口の健康を保つことも大切です。むし歯や乱れた歯並びなどによって正しくかめないと、唾液が正しく分泌されなくなって食べものの消化吸収が悪くなるので、成長や発育にも大きな影響を与えてしまいます。

子どもの歯は、乳幼児の時期からチェックすることが望まれます。乳歯のむし歯を放置したままだと、乳歯の下にある永久歯にむし歯菌が広がり、正しく発育できなくなる可能性があります。また、乳歯は永久歯が正しい位置に生えるよう導く役割を持ちます。乳歯の時点で歯並びが悪いと、永久歯のかみ合わせが悪くなる原因になります。

子どもの歯を守る小児歯科

歯の健康管理で頼りになるのが小児歯科です。子どもの歯の治療になれた歯科医師とスタッフが、成長にあわせて必要な治療、処置を行っていきます。

むし歯は乳歯でも永久歯でも、むし歯の部分をけずって詰めものを入れる治療が基本で、痛みを感じにくくする麻酔をすることもあります。乳歯や生えたばかりの永久歯は、表面の歯の質が弱く、むし歯になりやすくなっています。中でも、表面の溝が深くて歯みがきしにくい奥歯は特に注意しなければなりません。そうしたことから予防にも力を入れ、歯の質を強くするフッ素の塗布や、奥歯の溝をプラスチックでふさぐシーラントを行うことがあります。

ほかにも、歯並びを整える矯正治療を行っている歯科医院もあります。歯並びが整っていると歯がみがきやすくなり、かみやすいバランスの歯で食べものをかめるようにもなります。

知識と経験を持つ小児歯科専門医

日本小児歯科学会では、専門的な知識と高い技術を持つ歯科医師を小児歯科専門医に認定しています。認定されるためには、同学会の定める研修単位を取得した上で資格認定試験に合格する必要があり、知識と技術が求められます。さらに資格の有効期間は5年で、更新のために生涯研修単位の取得や学会発表・論文発表などが義務付けられているため、生涯にわたって学び続けなければなりません。

小児歯科専門医は、その実力で歯のトラブルを未然に防いでくれる頼れる存在です。乳歯が生え揃う3歳頃にむし歯になる子どもが多いので、2歳の時点で一度歯の検診を受けるとよいでしょう。

【文/鈴木 健太】


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ