▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

口コミで患者が集まる地域密着の整形外科医院

大阪府東大阪市に2000年に開院し、整形外科を中心とした地域密着の医療を展開する田邊整形外科医院。高校のとき、父親がリウマチを発症したため整形外科医を志したという田邊隆敏理事長は、「整形外科では大学助手時代は人工関節置換術を中心に、中央病院医長時代は主に脊椎の外科手術を中心に研鑽を積んできたつもりです。当院は、口コミの患者さんが多く、遠方から受診される患者さんも多いため、お一人おひとりの症状をよくお聞きし、自分なりに十分解析して、その方にとっての最高の医療を提供できればと考えています」と話す。

同院が行っている治療は、人工膝関節置換術、人工股関節置換術、人工骨頭置換術、内視鏡下手術だけでなく、PLDD(経皮的椎間板ヘルニア摘出術)、PVP(経皮的椎体形成術)など多岐にわたる。

MIS(最小侵襲手術)の人工膝関節置換術

膝の関節の破壊された部分を切除し、人工関節をはめ込む人工膝関節置換術は、2010年1〜12月で41件を行っている。MIS(最小侵襲手術)を目指し、骨周辺の軟部組織をできるだけ温存し、ダメージを少なくする。

また、適応症例を厳選し、全置換術だけでなく、部分的な人工関節である単顆置換術でも対応。単顆置換術は、部分置換のため、より少ない出血で、患者の体に与える負担も極力抑えることができるという。

後方アプローチの人工股関節置換術

10年1〜12月で7件を手がけた人工股関節置換術は、股関節の筋肉の分け目を切開する方法がいくつかあるが、田邊理事長は太ももの後方からアプローチしている。MISを徹底し、皮膚の切開を8〜16cmに抑える。これにより、患者にとって負担の少ない手術となるだけでなく、術後の早期リハビリや早期社会復帰につながる。

「後方進入は脱臼が多いとされますが、患者さんの生活様式と、いわゆる患者さんのクセを理解した上で設置角度を決定し、筋肉の切離と縫合に留意すれば脱臼は十分に防ぐことができます。人工膝関節も人工股関節も出血は最小限に抑え自己血回収で対応しています。輸血をせずに手術を済ませることも低侵襲につながり、合併症の心配もありません」と田邊理事長はいう。

内視鏡下手術とPLDD、PVP

MISは、10年1〜12月で52件を行っている内視鏡下手術についてもいえることだ。皮切が小さく、患者に低侵襲なだけでなく、内視鏡により患部が詳細に観察でき、正確性の高い手術が可能になる。

PLDDは椎間板ヘルニアの患者の椎間板髄核にレーザーファイバーを挿入し髄核をレーザー熱で蒸発させて治癒させる、いわゆる切らない手術だ。また、PVPは高齢者に多い脊椎の圧迫骨折の患者に対して行う方法で、骨折した椎体に特殊針を挿入し、骨セメントを注入して瞬間的に固定する。いずれも入院の必要もなく、局所麻酔で行える高度先進医療といえるものだ。

整骨・鍼灸に着目しネットワーク化

田邊理事長は、救命救急センターに勤務した経験もあり、整形外科だけでなく、内科のホームドクター的役割も担っている。「患者さんは、不安にかられながら来院されます。自らの症状を短時間に要領よく的確に医師に伝えられる方などほとんどおられません。だから、そういう患者さんから治療に必要な情報をいかに有効に得ることができるかによって、我々が提供できる医療の質も当然変わってきます。要するにただの話し好きの医者です」

また、整骨や鍼灸にも着目。「整骨や鍼灸で、慢性の腰痛が治癒することもあります。治療における軽度な腫れなどは日常生活が可能なレベルまで回復が見られます。当院直営の整骨、鍼灸医院が近隣に8件あり、さらに5〜6件をネットワーク化しています」と田邊理事長。同院は、地域の患者の信頼性も高く、毎日160〜200名の患者が来院している。

【取材/秋山 晴康】

田邊 隆敏(たなべ たかとし)

医療法人 深緑会 田邊整形外科医院
理事長

1987年、久留米大学医学部卒業。
94年、関西医科大学医学研究科修了。
同年、関西医科大学助手。98年、城東中央病院整形外科医長。
2000年、たなべ整形外科クリニック開院。
05年、医療法人深緑会理事長。医学博士。
日本整形外科学会認定整形外科専門医、
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ