▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

東京都 中央区

ケイスキンクリニック

院長 慶田朋子

 TEL:03-6228-8020(0120-282-764)    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

「リバースエイジング」を叶える美容皮膚科

遠方からも通いやすい、東京都心の銀座に位置する美容皮膚科の銀座ケイスキンクリニック。慶田朋子院長は、皮膚のエキスパートとして、患者様が抱える多様な悩みに応えている。「当院では、手術で顔などの形を変える美容外科と異なり、若いときの状態に戻す、リバースエイジングを目指しています」と笑顔で語る慶田院長。シワに対してフィラー(吸収性の注入剤)を用いる、シミやホクロに対してレーザー治療を行うなど、手術を行わずに自然に状態を整えていく。「肌の老化は、生活習慣や紫外線、喫煙などによって進みます。でも、あきらめることはありません。治療によって肌の状態を改善した上、生活習慣やスキンケアを適切に行うことで、いつまでも若々しく感じられる肌を実感できます」

美容的な治療は施術者のセンスが肝心だ。1つの部位だけを治すのではなく、顔全体で美しく整うよう心がけるという。指先の感覚に集中し、注入剤で高くする頬の位置やほうれい線の深さを0.05ml単位で微調整するなど、そのこだわりと技術の高さに定評がある。全体のバランスを考慮して、患者様がもっとも輝くようオーダーメードで組み立てる治療プログラムは、美のプロデュースといえる。

年代にあわせて適した治療を選択

同院の患者層は20代後半から60代前半までと幅広い。最近では美容への意識が高く、10代から母娘で来院する方も多い。慶田院長は、世代と時期に応じた治療を行っている。

「10代や20代の方は、ニキビがクレーター状の痕にならないよう、内服薬やスキンケアでコントロールする、将来的に目立つホクロを取る、脱毛をするなど、先を考えて治療します。肌老化の状態に個人差が出始める30代では、眉間のシワを改善するボトックス注射を含めた、浅いシワ、薄いシミへの治療を開始するのに適切な時期です。さらに40代以降では、たるみを改善しフェイスラインを整える治療や、フィラーを用いたシワ・くぼみへの治療など、個々の状態にあわせて行っていきます」

患者様に配慮した治療で信頼関係を構築する

治療にあたり、患者様への負担を抑えることを重視する。例えば、注射による治療は、1週間程度、軽い内出血やむくみがでることもある。そのため、生活に影響が出ないようライフスタイルを考慮し、初めての治療に不安な方には、目立たない場所へのごく少量の投与にとどめることもある。

施術の際には注射部位の冷却や麻酔のタイミングを計る、複数の箇所に注射を打つ際には手際よく進めるなど、痛みを極力感じさせないような細かな配慮も忘れない。使用する薬剤やレーザーは必ず試し、何よりも質の高さが確かなものだけを選んでいる。

「痛みや治療回数の少ない施術から始めて効果を感じていただくなど、長期にわたる治療でも、くじけずに進められるよう工夫します」。このようにきめ細やかな気配りで医師との信頼関係が築かれると、より積極的な治療も不安なく受けることができるようになる。

心の交流を大切に真摯な治療を行う

同院は、1月27日より有楽町から現所在地に移転し、診療を行っている。「4年半前に西武百貨店で開院して以来、多くの患者様に長く通っていただき、感謝しています。これからも最新の知見を取り入れつつ、最善の治療を提供していきます」と、移転に伴い、よりよい治療体制を構築。今までの診療を通じて得た経験と、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の正確な診断をモットーに、美容的な治療が初めての方でも治療を受けやすく、居心地の良い空間になるよう心がけているという。

「肌の悩みを年齢のせいとあきらめないでください。相談していただければ、改善する治療を提案できることがあります。当院ホームページでもそれぞれの治療について詳しく紹介しています。お悩みがありましたら、銀座散策を兼ねてお気軽に、ぜひ一度ご来院ください」と慶田院長は語る。

【取材/鈴木 健太】

慶田 朋子(けいだ ともこ)

銀座 ケイ スキンクリニック
院長

医学博士。
1999年、東京女子医科大学医学部医学科卒業後、
同大学皮膚科学教室に入局。
東京女子医大皮膚科助手などを経て、
2006年、有楽町にて有楽町西武ケイスキンクリニックを開設。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
学生のころより油絵やデッサン、手芸を得意としており、
それが日々の治療にも役立っているという


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ