▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

高齢化の進行に伴い、膝や股関節などの荷重関節に対する変形性疾患は今後ますます増加していきます。人工関節置換術は、疼痛を緩解する効果に優れ、今後ニーズが高まっていくでしょう。

股関節が歩くと痛い、長く歩けない、動きが悪く日常生活が苦痛、薬を使用しても痛みがとれない、寝ていても痛みで目覚めることがある、などの症状の方は、人工股関節で楽になります。膝関節に著しい変化がみられ、それが強い痛みを引き起こしている場合には、人工膝関節の手術が必要です。人工膝関節の手術は「痛みをとる」ことが一番の目的です。また、全身的にも大きな負担がかかる手術のため、内臓などに異常がないかどうか確認しておくことも必要です。

当院は整形外科に特化した病院として、質の高い患者サービスと高度な医療を目指しています。2010年1月〜12月で、人工股関節置換術113例、人工膝関節置換術181例を実施しています。

レントゲンなどでひどい変形が認められても、日常生活に支障がない程度の痛みであれば、手術の必要はありません。逆に強い痛みがあっても薬や注射でよくなる場合もあります。まずは日本整形外科学会認定の整形外科専門医に相談するなどして、手術の必要性を見極めることが大切です。

米盛 公治(よねもり こうじ)

社会医療法人 緑泉会
整形外科米盛病院
院長

鹿児島大学卒。医学博士。鹿児島大学非常勤講師。
今の一番の楽しみは、約350人のスタッフがいる
緑泉会グループの病院を育てること。
日本整形外科学会認定整形外科専門医ほか


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ