▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

ここの復職支援プログラムは、College of reworkと呼ばれ、リハビリ期間は3〜4カ月間で3期に分かれています。20種の治療や訓練プログラムが組み込まれており、初期:まずは慣れて行く期間、中期:本格的に負荷をかけていきながら、自分の病気の特徴に気付いて対処法を身につけていく期間、終了期:自分の回復の状態を十分に把握して職場適応能力を上げ、職場と復職の交渉をする期間です。この3期間で毎日行われるプログラムには、セルフモニタリング、高照度光治療(写真)、ウオーキング、SUN体操、呼吸法、合唱があります。今の自分の状態を客観的に気付くことが治療の基本であり、セルフモニタリングのトレーニングは重要です。またリラックスして気分転換を図るための呼吸法や合唱も適応能力を上げることに役立ちます。

うつ病の慨日リズム障害仮説と日本でもっとも日照時間が少ない秋田であることを考慮して、高照度光治療や運動療法を用いて体のリズムを改善し、乱れた機能を回復します。更に、中期には知的活動や身体活動の負荷をかけていくために、計算負荷、ワープロ負荷(写真)、対人関係負荷、運動負荷をかけます。セルフモニタリングから発展して、認知・行動療法(認知再構成法、問題解決法、行動活性化法、リハーサル、行動形成)や討論も組み込まれています。遷延したうつ病の人に対しても、これまで高い復職率と再発防止が得られています。

田代 哲男(たしろ てつお)

医療法人 秋田ヒール 田代クリニック
院長・医学博士


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ