▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

北海道 札幌市中央区

医療法人社団

宇治矯正歯科クリニック

院長 宇治正光


 TEL:011-210-4187(0120-5-41872)    詳細はこちら

岩手県 一関市

中央歯科クリニック

院長 佐藤奨


 TEL:0191-82-5959    詳細はこちら

茨城県 守谷市

大津歯科医院

院長 大津義重


 TEL:0297-45-2366    詳細はこちら

埼玉県 本庄市

飯嶋歯科医院

院長 飯嶋倖央


 TEL:0495-22-1182    詳細はこちら

埼玉県 さいたま市南区

医療法人社団アーユス

くろさき歯科

院長 黒崎俊一


 TEL:048-887-9639    詳細はこちら

埼玉県 行田市

和田歯科医院

院長 和田泰興


 TEL:048-553-2384    詳細はこちら

千葉県 柏市

くぼのや歯科

院長 窪谷保則


 TEL:04-7166-6464    詳細はこちら

千葉県 柏市

医療法人

田中歯科医院

院長 田中譲治


 TEL:04-7164-3000(0120-64-3006)    詳細はこちら

千葉県 船橋市

遠山歯科医院

院長 遠山裕

 TEL:047-466-4055    詳細はこちら

東京都 国分寺市

有賀歯科クリニック

院長 有賀庸泰


 TEL:042-313-8841    詳細はこちら

東京都 中央区

銀座EAST矯正歯科

院長 濱田俊


 TEL:03-6226-4333    詳細はこちら

東京都 新宿区

歯科楳津医院

院長 楳津徳弘


 TEL:03-3351-6685    詳細はこちら

東京都 国分寺市

ゆとり歯科医院

院長 羽田裕二


 TEL:042-324-8812    詳細はこちら

神奈川県 厚木市

大澤歯科医院


 TEL:046-228-1078    詳細はこちら

神奈川県 横浜市戸塚区

医療法人

佐々木歯科医院

理事長 佐々木智則


 TEL:045-881-0436    詳細はこちら

神奈川県 川崎市中原区

新城パーク歯科クリニック

院長 片岡洋


 TEL:044-740-6557    詳細はこちら

神奈川県 藤沢市

藤沢歯科

院長 雨宮啓


 TEL:0466-26-8541    詳細はこちら

神奈川県 小田原市

村上矯正歯科クリニック

院長 村上道雄

 TEL:0465-23-0704    詳細はこちら

神奈川県 横浜市鶴見区

ヨコヤマデンタルクリニック

院長 横山喜一


 TEL:045-585-1182    詳細はこちら

愛知県 小牧市

きまた歯科

院長 木全信之


 TEL:0568-77-7975    詳細はこちら

愛知県 名古屋市中区

谷口歯科医院

院長 谷口二郎


 TEL:052-202-0080    詳細はこちら

京都府 舞鶴市

おかだ歯科医院

院長 岡田宏一


 TEL:0773-78-3773    詳細はこちら

大阪府 大阪市淀川区

大塚歯科クリニック

院長 大塚健司


 TEL:06-6391-1193    詳細はこちら

大阪府 大阪市中央区

医療法人

ソエダ歯科診療所

院長 添田義博


 TEL:06-6643-8148    詳細はこちら

兵庫県 神戸市中央区

医療法人社団

吉田矯正歯科クリニック


 TEL:078-332-5735    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

歯科治療の技術は日々進歩しており、多くの先端治療が行われています。しかし、どのような治療が受けられるか分からない方もいることでしょう。ここでは、そうした歯科治療に関する疑問について解説していきます。

Q 歯を失いやすい理由は何ですか

A 歯科の二大疾病はう蝕(むし歯)と歯周病です。特に歯周病が歯を失う最大の原因といわれます。歯垢や歯石の中の細菌によって発症し、歯の周辺組織に炎症を引き起こします。症状が進むと歯を支える骨が破壊 され、歯を失ってしまいます。自然には治らないため、適切な治療が必要です。

Q 歯周病は治療できるのでしょうか

A 初期の段階なら、歯垢と歯石の除去で治療できます。進行した歯周病に対しては、外科手術で歯肉を切開し、奥深い歯石や感染部分を除去して組織の回復を図ります。近年では骨や歯ぐきなど、歯周組織の再生治療も行われています。

Q マイクロスコープが治療に活用されると聞きますが、どのような利点がありますか

A マイクロスコープを歯科治療に使うと、拡大した視野で緻密な治療が行えます。また、歯の根の中も目視で観察でき、痛んだ神経や根の部分を的確に治療できます。これにより、重度のむし歯でも歯を残せる可能性が高まりました。

Q インプラント治療とはどのような治療ですか

A インプラントと呼ばれる人工の歯根を、歯の失われた部位の骨に埋入し、上に人工歯を装着する治療です。インプラントが骨に固定されるため、本来の歯に近い感覚でかめるようになります。周囲の歯を支えにすることがないので、残りの歯を守れる治療でもあります。

Q インプラント治療の治療期間や治療の流れを教えてください

A インプラントをあごの骨に埋入した後、インプラントとあごの骨がしっかり結合するまでの期間は、3カ月から半年かかるといわれます。はじめにレントゲンやCT装置で、あごの骨の形や質、量などを検査します。このとき、インプラントを埋入するあごの骨がやせてしまっていたら、骨造成という骨の再生治療を行うことがあります。また、歯周病のある人は、歯周病の治療を優先させます。

手術でインプラントを埋入した後は、インプラントの上に仮歯を入れて、インプラントと骨が結合するのを待ちます。しっかりと結合したことを確認し、できれば仮歯をはずし、人工歯を装着して治療は完了です。

Q オールオン4と呼ばれる最新インプラント治療について教えてください

A 最少4本のインプラントで片あご12本の人工歯を支える治療です。インプラントを埋め込む角度を工夫することで、手術当日に固定式の仮歯が入れられます。手術の範囲が小さくなるため、体への負担や手術時間が抑えられるのも利点です。

Q 歯科用CTとは何ですか

A 口腔内を立体的に撮影する診断機器です。さまざまな角度に断層撮影できるために、神経の位置や骨量を確認でき、通常のレントゲンに比べて正確な診断が可能です。インプラント治療などを正確に行うために活用され、設置する歯科医院が増えていますが、いまだ1%程の導入に止まります。

Q 入れ歯にはどのような種類がありますか

A 保険診療によるものと、費用は高くなりますが、自由診療で幅広い技術や材料を使えるものがあります。例えば、上あごに接する部分の材料は保険診療ではレジンに限られますが、自由診療では金属も使えます。入れ歯の固定方法も、バネを使えるだけの保険診療に比べ、自由診療では磁石や、茶筒のふたの原理を利用したもの、生体用シリコーンなど、幅広く選べます。

Q 矯正治療とはどのような治療ですか

A 歯に装置を装着して歯を動かし、乱れた歯並びを修正する治療です。見た目を整えるだけでなく、かみ合わせが悪いと歯や体に負担がかかるため、それを防ぐためにも大切な治療です。

Q 目立たずに矯正治療を進められますか

A 今までの治療では、歯の表面に目立つ金属の装置を着けていましたが、現在ではその解消を目指し、装置の改良が進んでいます。中でも注目されるのが、歯の裏側に装置を取り付ける裏側矯正(舌側矯正)です。ほかに、マウスピースのような透明な装置を使う治療もあります。また、表側の装置でも、透明な素材や白いワイヤーなどの目立たない工夫が見られています。

Q 子どもの時期から矯正治療を行ったほうがいいのでしょうか

A 乳歯の歯並びは永久歯の歯並びに影響を与えることもあるので、矯正治療は子どもの時期から行うのが望まれます。特に、かみ合わせ異常で左右にあごがずれてしまう場合は危険なので早期の治療が必要です。あごの成長を計算に入れることで、歯を抜かずに治療できたり、難症例を治療できたりします。中には、入れ歯に似た着脱式の装置を使って歯を動かさずにあごを拡大する、床矯正という治療を行う歯科医院もあります。

Q 食べものの着色物質や加齢で変色した歯は治せますか

A 歯は、ホワイトニングという治療で白くできます。この治療は、自宅で患者自身で行うホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあり、両方を組み合わせることもあります。ホームホワイトニングは、専用のマウスピースに薬剤を入れて毎日一定の時間装着し、2〜4週間かけて歯を白くします。オフィスホワイトニングは、薬剤に加えてレーザーなどの光で漂白反応を促し、短期間で歯を白くします。

Q 歯の形を整えることはできますか

A 歯の形や色は、セラミックなどで整えられます。セラミックは人体との親和性が高い素材です。歯の表面を薄く削って薄いつけ歯を貼り付けるラミネートベニアや、歯の表面全体を削ってクラウンを被せるメタルボンドクラウン、すべてをセラミックで作った審美性に優れるオールセラミッククラウンなどで、歯並びのずれや、歯の変形を補正できます。 【文/鈴木 健太】

※インプラント治療、オールオン4、一部の入れ歯治療、矯正治療、ホワイトニング、ラミネートベニア、メタルボンドクラウン、オールセラミッククラウンは保険適用外です

【監修】

鈴木 仙一(すずき せんいち)

ライオンインプラントセンター理事長
日本大学松戸歯学部臨床教授
南カリフォルニア大学歯学部客員臨床教授


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ