▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

いい病院2011
2011年02月25日 掲載

「いつまでも美しい歯と口元を」を実現

みさわ歯科の三澤篤院長は「いつまでも美しい歯と口元を」の実現のため、インプラント、矯正、審美、小児、義歯を含めたトータルな歯科診療の提供を心がける。それは「歯科医師として、トータルアドバイザーとして、患者さんの充実した人生設計のお手伝いをしたい」という信念に基づくものだ。

各分野専任の担当医が治療を提案する

「インプラント、矯正、小児、審美、義歯などをそれぞれ専任の担当医が受け持ち、安心かつ質の高い治療体制を整えています」と三澤院長。さらに、「一人ひとり症状や体質が異なるため、カウンセリングをしっかりと行い、最善の治療法を提案していくのが大切です」と話す。

インプラントでは体にやさしい治療を

むし歯や重度の歯周病などで歯がない場合は、インプラント治療がおすすめだという。年間(2010年1月〜12月)700本を超える埋入実績に基づく治療では、歯科用CTによる3次元画像で事前に詳細に確認し、的確な診断とシミュレーションを徹底。「体にやさしい、低侵襲な治療を行います」といい、患者が受けやすいよう、無料相談も実施する。

先端インプラント治療で選択の幅を広げる

インプラント治療では、患者にとってベストな治療法を選択してもらうよう心がけている。例えば、歯周病などで顎骨が薄くなったりなくなったりした患者には、骨造成法のサイナスリフトや、骨の造成・移植が不要なグラフトレスという治療法などを提案する。

静脈内鎮静法で患者の負担を軽減

さらに「歯科恐怖症の方には、歯科麻酔医による静脈内鎮静法で痛くない治療を心がけます」という。眠っている間に手術が可能で、患者の負担を軽減できる利点がある。また、感染予防を徹底するためのディスポーザブル(使い捨て)器具の使用など、信頼できる治療にこだわる。

総合診療をベースに患者の選択を尊重

「歯は人の命ともいえます。歯がない方はインプラント、歯並びが悪い方は矯正、歯をより奇麗に美しくしたい方は審美と、総合診療を行っています。保険診療はもちろん、インプラント、矯正、審美歯科の治療は、いずれも担当医制にこだわり、きめの細かな診療で笑顔づくりを目指します」。自分に合う適切な治療を選べる、そうした患者による歯科治療の選択性を大事にしているのが「みさわ歯科」である。
【構成/鈴木 健太】

三澤 篤(みさわ・あつし)

みさわ歯科 インプラントセンター春日部
埼玉審美矯正歯科センター
院長

1974年生まれ。明海大学歯学部卒業。
インプラントセンター・八王子センター長を経て、
みさわ歯科 インプラントセンター春日部を開院

※インプラント、矯正、審美治療は自由診療です。インプラントはセラミックが1本40万円、銀歯が30万円。矯正は70万円、ホワイトニングは9,000円、オールセラミッククラウンは8万円

<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ