▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

兵庫県 神戸市須磨区

医療法人社団

益子産婦人科医院

院長 益子和久


 TEL:078-732-4103    詳細はこちら

佐賀県 神埼郡吉野ヶ里町

吉村産婦人科医院

院長 吉村修


 TEL:0952-55-8282    詳細はこちら

鹿児島県 鹿児島市

医療法人聖成会

柿木病院

院長 柿木博成


 TEL:099-224-3939    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Pre-mo
2011年04月15日 掲載

母性を育み、リラックスしてお産に臨めるソフロロジーとは? 日本ソフロロジー法研究会会長・森本紀先生にお話をうかがいました。

フランスで発祥し日本でさらに発展

ソフロロジーの源は、1960年にスペインの精神科医が提唱した「精神の安定と調和を得るための学問」です。この学問は医学 のさまざまな分野で活用されるようになりました。

産科に初めてソフロロジーを導入したのはフランスのジャンヌ・クレフ博士、1972年のことです。松永昭博士・日本ソフロロジー法研究会初代会長は、フランスでソフロロジー式分娩法に出会い、1987年に日本に導入しました。

松永博士は単にソフロロジー法を導入しただけでなく、自ら研究と改良を重ね正しい知識を持って心と体を準備CDを聴いて イメージトレーニングました。一番の改良点は、音楽療法を取り入れたことでしょう。現在では松永博士により改良された方法が世界的に広まっています。

正しい知識を持って心と体を準備

ソフロロジー式分娩法は、妊娠中からイメージトレーニングを行うことにより、分娩を楽に乗り越える心の準備を整えます。さらに、呼吸法とエクササイズを学んで、リラックスするコツを体で覚えます。

はじめに、お産について正しい知識を持つことが大切です。陣痛は子宮が収縮することによる痛みですが、子宮が収縮しなければ、赤ちゃんを産むことはできません。ソフロロジー式分娩法では、陣痛を苦しいもの、マイナスのイメージとしてとらえるのでなく、「赤ちゃんを運んでくれるありがたいもの」とポジティブに受けとめます。陣痛をむしろ楽しみに待ち、痛みを「赤ちゃんを産むためのエネルギー」に変える-- その手助けをするのがイメージトレーニングです。

CDを聴いてイメージトレーニング

イメージトレーニングは難しいものではありません。ソフロロジー式分娩法のために開発されたCDを 聴きながら、おなかの赤ちゃんをイメージし、赤ちゃんへの愛情と、母性を育んでいきます。

CDから流れてくるのは、音楽療法に基づいて作曲された音楽と、テルプノスロゴスと呼ばれるナレーションです。テルプノスロゴスの語りかけは、意識を「眠る間際の状態(ソフロリミナル)」に導きます。この意識段階で効果的にイメージトレーニングを行うことがソフロロジー法の特徴の一つです。音楽とテルプノスロゴスを繰り返し聴いた後は、音楽のみのCDで上手にイメージングできるようになります。

リラックス感を体で覚えるエクササイズ

陣痛は、延々とは続きません。子宮収縮(陣痛)と、痛みのない間歇期が繰り返され、この繰り返しの波に押し出されるようにして赤ちゃんが生まれてきます。1回の陣痛は最高に長くても50秒以上続きません。その後の休み時間(間歇期)は1〜2分と休み時間の方が長いのです。そこで、間歇期にいかに上手に力を抜き、リラックスできるかがポイントになります。子宮が収縮している間は赤ちゃんも締めつけられていますから、赤ちゃんのためにも、間歇期にリラックスして締めつけから解放してあげる ことがとても大切です。

エクササイズでは、体をグッと緊張させた状態と、息を吐いてリラックスさせた状態を交互に繰り返し、「力を抜く」感覚を覚えます。人は、「リラックスしてください」といわれてリラックスできるものではありませんが、体の感覚として覚えておくことで「リラックスモード」のスイッチが入りやすくなるのです。

ゆっくり、長く息を吐く呼吸法

ソフロロジー式の呼吸法は、ゆっくり長く息を吐くことを基本とします。長く息を吐くことで副交感神経が優位になり、自然にリラックスできるのです。陣痛でパニック状態に陥ったとしても、ゆっくりと息を吐くことで体の緊張がほぐれていきます。深い呼吸ができれば、おなかの赤ちゃんにも自然に酸素が行きわたりますから、赤ちゃんにとっても楽な状態になります。

ソフロロジー式分娩法によって生まれてきた赤ちゃんは、生まれた瞬間に、うっすらとピンクを帯びた美しい肌色をしています。それは、お母さんがリラックスしていたことで締めつけられることなく、酸素も十分に行きわたった状態で誕生するからです。

出産の達成感が育児の自信につながる

ソフロロジー式分娩法は、単に陣痛を乗り切るためだけのものではありません。赤ちゃんへの愛情を育み、母性を醸成することこそが大切な目的です。お産が楽でお母さんの消耗が少なければ、回復も早く、育児も容易になるでしょう。このことはソフロロジー式分娩法の大きな二次的メリットといえます。分娩に向けて育ててきた母性を、今度は育児のために生かすのです。ソフロロジー式分娩法を実践し、自分自身の力で出産を乗り越えた達成感は、母親として、そして女性としての自信につながります。

ソフロロジー法のトレーニングは難しいものではなく、母親学級で一度学んで理解すれば、あとは自宅で行えます。初産の方でも二度目以降の出産の方でも、妊娠後期からでも学んでいただけます。これからお母さんになる方に、ぜひソフロロジー法を実践していただければと思います。

【特別インタビュー】

森本 紀(もりもと おさむ)

日本ソフロロジー法研究会 会長
オーククリニックフォーミズ病院 院長

東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。
同大学附属第三病院産婦人科部長、同大学助教授を経て、
1989年オーククリニックフォーミズ病院開設。
2006年、第2代日本ソフロロジー法研究会会長に就任。


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ