▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

開業当初から審美的治療に取り組んできた歯科医院が六本木の一等地にある。上下の歯列の調和に重きを置き、部分的にではなく、全体的なアプローチを試みる渡邉滋院長。患者とは常に一対一、たっぷりと時間をかけて理想の口元に近づけていく。

最新治療の組み合わせで調和のとれた美しさを

歯並びが変わると唇の形が変わり、唇の形が変わると顔全体の印象が変わる。印象を決定づけるのは、歯単体よりも歯列全体。渡邉歯科医院ではいくつもの技術を組み合わせ、口元の調和を生み出していく。

「当院では歯周病治療も補綴治療も、もちろんインプラント治療も行います。ただし、どれかが特別な治療法だといった考え方はしないんです」

渡邉滋院長のこうした考えは審美的治療へのこだわりに由来する。歯は食べるという目的を持った生物学的なものであると同時に、年齢、地域、経済状況、歴史的状況などを表す社会的なものだ。

かつては一部上流社会の人だけが存在を主張する時代であったが、現在は、誰もが互いに『見られる存在』として向き合う社会へと変化している。そのなかで人は単なる有用性を超え、美しくありたいと願う。こうした豊かな時代の願望と、歯本来の役割との調和を図るのが審美的治療である。

「部分を並べても全体にはなりません。一本一本の歯をただ整えるのではなく、『美しく見えるかみ合わせ』を見つけてあげることが大切です。それには時間も必要。私は治療を1つの物語ととらえ、山場を演出します。例えば自然観に満ちた仮の歯を治療と同時に即時に入れれば、患者さんは『どんなふうに変わるのかな』と期待をふくらませ、飽きることなく治療に取り組んでくれるでしょう。だから、治療は常に一対一。この点は、絶対なんです」

どのような治療もたっぷりと時間をかけて、力の出し惜しみはしない。「ミクロン単位できっちり決まらないと気持ちが悪い」と、どこかアーティスティックな感性の院長。そんな父を息子の渡邉修副院長が支える。「父の仕事をさらに発展させるのが私の仕事。満足度の高いトータルな治療が目標です」。六本木には、『審美』の理想をかかげる親子歯科医師がいた。

【取材/斉藤 雅幸】

渡邉 滋(わたなべ しげる)

渡邉歯科医院 院長

1961年、東京医科歯科大学歯学部卒業。
同同窓会学術委員長、学術担当理事、参与を歴任。
現在、同同窓会副会長。
元日本歯科医師会雑誌編集副委員長。
審美的治療に関する著書多数

渡邉 修(わたなべ おさむ)

渡邉歯科医院 副院長

1998年、昭和大学歯学部卒業。
同年、東京医科歯科大学歯学部第二口腔外科(現顎口腔外科)入局。
2002年より渡邉歯科医院で勤務。
口元のトータルな治療に専念し、より満足度の高い治療を目指している

※インプラント治療は自由診療です。費用は1歯40万〜50万円


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ