▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

京都府京都市に位置するたけち歯科クリニックでは、患者の不安を取り除いた上で、満足のいく治療を提供するよう心がけている。情報提供を詳細に行いつつ患者の要望を聞きだし、それに対して高度なインプラント治療で応えている。

不安の解消を心がけ正確な情報を提供

たけち歯科クリニックの武知幸久院長は、「当院では、患者さんに来てよかったと感じていただくことを大切にしています」と、患者が満足いく治療を常に目指している。第一に意識しているのが、患者が不安なく手術に臨めるようにすることだ。「インプラント治療は手術を伴うということもあり、来院の時点で治療に不安を感じている方もいます。その不安を解消するのも歯科医師の役目だと考えています」。そのためにも、同院では治療に関して、患者が一点の疑問点も持たないよう心がける。患者が納得いくまでカウンセリングを繰り返し、治療のメリットやリスク、予後、さらにはCTによる被曝量など、与えられる情報をすべて提示する。

そして、初診のカウンセリングで、「患者さんの期待以上の治療を提供できるよう、十分話を聞いて治療に臨みます」と、来院までの経緯や同院に何を求めているかなど、患者のことについて事細かに確認する。その上で、歯科用CTを用いて口腔内の立体画像を撮影。コンピューターでシミュレーションを行って状態を正しく把握する。こうしたことを踏まえ、インプラント治療以外の治療も考慮しながら治療計画を提案し、何を選択するか患者と共に判断していくという。

高度な治療を提供し期待以上の治療を目指す

患者の要望に技術の面からも応えられるよう、同院では高度な治療の提供を心がける。選択の幅を広げるため、通常のインプラント治療に加え、歯肉を切開しないフラップレスや、最少4本のインプラントで片顎すべての義歯を支えるオールオン4なども導入。さらにはインプラントを埋入できるだけの骨がない難症例に対しても、サイナスリフトなどの骨造成で対応する。

また、「インプラント治療は、手術後にどれだけ長く食事を楽しんでいただけるかが重要です」と、治療後のメンテナンスも重視している。インプラントのケアに習熟した歯科衛生士を置き、武知院長を含めたチーム医療で、患者の歯周病菌と咬合力をコントロールしていくという。

「患者さんに豊かで快適な食生活を提供させていただくことが私たちの使命です」と強く語る武知院長。そのためにも同院は、スタッフ一同で日々研鑽を重ねている。

【取材/鈴木 健太】

武知 幸久(たけち ゆきひさ)

医療法人社団 翔志会
たけち歯科クリニック 院長

1989年、徳島大学歯学部卒業。
97年にたけち歯科を開業。
骨造成治療やオールオン4などの最新治療技術について学ぶ。
痛くない治療を心がけながら、患者の多様な要望
に応えられるよう全力を尽くしている

※インプラント治療、フラップレス、オールオン4、サイナスリフトは保険適用外です。治療費はインプラントが約35万円、フラップレスが8万4000円、オールオン4が約250万円、サイナスリフトが31万5000円


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ