▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

あいち松葉公園矯正歯科クリニックでは、患者が常に安心して治療を受けることができるよう 心がけて矯正治療を行っている。感染防止の徹底や丁寧なカウンセリングなど、不安を与えないよう配慮するとともに、早期治療による、手術や抜歯を要さない矯正治療に力を入れている。

感染防止に配慮した患者が納得できる治療

あいち松葉公園矯正歯科クリニックは、名古屋駅に程近い矯正治療中心の歯科医院だ。成人に加え、子どもの患者を多く診ていることから、患者や家族が不安を感じないよう常に配慮している。特に感染防止を意識し、機器の使い捨てや滅菌器での消毒を徹底するなど細心の注意を払う。

そうした上で、患者が納得して治療を進められるよう心がけている。「矯正治療は長期にわたるため、患者様の協力が大変重要となります。そのため、患者様にきちんと理解していただくことが大切なのです」と永縄友紀子院長は語る。そのため、治療前の診断を丁寧に実施。初診時の相談では口腔内写真や顔写真を撮影し、コンピューターを用いて歯並びやエステティックライン(E-ライン)、舌の動きなどを説明。併せて、治療に適切な時期、治療期間、通院の頻度、費用などの話をする。患者が詳細な診断を望めば、レントゲン撮影や歯型の採取などを行う精密検査に移行する。

早期治療を重視して難症例を負担なく治す

診断によって、患者とその家族が十分に納得した上で治療を開始。歯の表面に装置を装着する一般的な矯正治療に加え、歯の裏側に装置をつける舌側矯正、透明なマウスピース型の装置を使う矯正などの目立ちにくい装置も用意し、要望に応じて使い分ける。

中でも重視するのは早期からの治療。成人では手術や抜歯を要する症例でも、成長期を利用すれば取り外し式の装置で治療が済む可能性が高まるためだ。「取り外し式の装置は、毎日一定の時間装着して永久歯を正しい位置に誘導しながら舌の癖を修正します。成果が自分で分かるため、継続の動機づけにもなります」。来院時期は下あごが上あごより前に出る反対咬合なら4〜5歳位、それ以外でも6〜8歳が望ましいという。

こうした治療を適切に行うためにも、同院では矯正治療中心の歯科の受診を勧めている。「些細な出っ歯やがたつきでも、あごの骨がずれている場合があります。気になることがあれば早めの受診をお勧めします」と永縄院長は強調する。

【取材/鈴木 健太】

永縄 友紀子(ながなわ ゆきこ)

あいち松葉公園矯正歯科クリニック 院長

愛知学院大学歯学部卒業、
同学部歯科矯正学講座勤務を経て、
あいち松葉公園矯正歯科クリニックを開院。
「常に患者様の立場に立った治療を」を目標に治療を行っている

※矯正治療は保険適用外です。治療費は部分矯正が20万〜55万円、表側矯正が60万〜75万円、上顎裏側と下顎表側の併用が85万〜95万円、両顎の裏側矯正が105万〜115万円


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ