▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

新宿駅東口アルタの並びで平日20時30分まで、土日、祝日も診療するハリウッド・スマイル 矯正歯科。うら側矯正や小児矯正にも力を入れ、親子・兄弟で受診する患者も多い。歯並び を治すことでむし歯や歯周病の予防効果を高め、歯を長く健康に保つことができるという。

うら側(舌側)矯正で人に気づかれずに治療

「うら側矯正は、以前と違って装置が進歩し、表側矯正と変わらない期間で治療ができます」と宮島桜院長。「外科矯正の適応とされていた症例でも、装置の進化によって、手術の必要がなくなるケースも多いです。表側・うら側矯正の治療期間は、ほとんど変わりません。約10〜25回位の治療で治ります」という。

目立たない表側の矯正治療

「当院では、天然歯に近いジルコニア・セラミック製のブラケットと白いワイヤーを使用し、見た目を美しく目立たなくしています。また、ブラケットが小さくコンパクトになり、 歯の移動も速くなりました。意外と気付かれていないという患者さんも多いようです」

最新の治療法を導入

同院では、矯正用のインプラントを固定源として使用し、アンカーロスを防ぎ歯を速く動かす治療や、セルフライゲーションシステムのブラケットを使用して歯が速く移動する治療など最新治療にも着目している。

また軽度な症例に対しては、取り外せる透明なアソアライナーを使用しブラケットを使用しない治療にも力を入れる。「患者さんの満足する治療のゴールを目指して、それぞれの利点と欠点をしっかり説明して治療方法を選んでいきます」

小児の矯正にも力を入れる

小児の矯正治療も重視する。子供のうちに矯正治療を始めると、期間が短く負担の少ない治療が可能であるという。乳歯が永久歯に変わり始めてすぐに治療を開始するのが望ましく、ブラケットをつけている期間の短縮、骨格の成長をコントロールできる。

成人になってから抜歯や手術を要する矯正治療を受けずに済むという。

遠方から通院してくる患者も多い

「丁寧に口の中を触れるなど、女性ならではの細かな配慮で気持ちよく治療を受けていただけるよう心がけています」と宮島院長。インフォームド・コンセントに努めながら、患者が要望を気軽に話せるよう心がけている。「遠方から通院してくださるのもそのためでしょうか。治療期間中にプライベートな話を交わせるようになる方も多くいらっしゃいます。また遠方に引っ越した患者さんが転院せずに保定治療を続けて下さることも多いんですよ」

矯正治療は予防治療であり抗加齢の治療である

「顔のほとんどの筋肉は口の周りにあります。口腔筋機能療法も取り入れて口腔周囲や表情筋を鍛えるトレーニングも行っています。しわ、たるみ、唾液分泌や摂食・嚥下機能の改善も期待できます。笑顔は最大の抗加齢療法であると考え、ハリウッド・スマイルを目指して診療にあたっています」と宮島院長は優しい笑顔で話してくれた。

宮島 桜(みやじま さくら)

ハリウッドスマイル矯正歯科 院長

神奈川歯科大学歯学部卒業。
ハリウッド・スマイル矯正歯科を開院。
日本大学歯学部解剖学教室兼任講師など。
「歯と健康」について、ラジオにレギュラー出演中

※矯正治療は自由診療です。治療費は部分矯正25万円程度、小児矯正40万円程度、表側矯正90万〜100万円(ホワイトニング込)、うら側矯正(リンガル矯正)130万円(ホワイトニング込)アソアライナー30万〜60万円、リラクゼーション・コース(リップ+歯肉+唾液腺のマッサージ)3千円、予防コース1万円


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

【 関連する記事 】




治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ