▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

北海道 札幌市北区

たかさき歯科医院

院長 高崎英仁


 TEL:011-716-2036    詳細はこちら

群馬県 高崎市

井田歯科クリニック

院長 井田泉


 TEL:027-324-1180    詳細はこちら

埼玉県 さいたま市南区

医療法人社団アーユス

くろさき歯科

院長 黒崎俊一


 TEL:048-887-9639    詳細はこちら

埼玉県 草加市

氷川デンタルクリニック

院長 原聰

 TEL:048-920-3456    詳細はこちら

千葉県 佐倉市

勝田台フルヤ歯科

院長 古谷彰伸


 TEL:043-464-1818    詳細はこちら

東京都 世田谷区

医療法人社団愛清

愛生歯科

院長 埴英郎

 TEL:03-3414-7053    詳細はこちら

東京都 武蔵野市

内藤歯科医院

院長 内藤順

 TEL:0422-53-6621    詳細はこちら

東京都 中央区

銀座深水歯科

院長 深水皓三

 TEL:03-5537-7607    詳細はこちら

東京都 台東区

松下歯科医院

院長 松下和夫

 TEL:03-3832-6566    詳細はこちら

東京都 世田谷区

山崎歯科医院

院長 山崎彰啓

 TEL:03-3414-1490    詳細はこちら

静岡県 浜松市中区

フジタ歯科有楽街診療室

院長 藤田哲夫

 TEL:053-455-2478    詳細はこちら

愛知県 名古屋市東区

ソフィアインプラントセンター

所長 村上斎


 TEL:052-953-7007    詳細はこちら

愛知県 豊田市

永田歯科医院

院長 永田一夫

 TEL:0565-31-6130    詳細はこちら

三重県 津市

にしい歯科医院

院長 寺辺やよひ

 TEL:059-255-2410    詳細はこちら

大阪府 大阪市淀川区

かわごえ歯科医院

院長 川越善人

 TEL:06-6302-2423    詳細はこちら

兵庫県 神戸市兵庫区

さくらい歯科医院

院長 櫻井裕也

 TEL:078-512-3108    詳細はこちら

広島県 広島市中区

大谷歯科クリニック

院長 大谷隆之

 TEL:082-245-5118    詳細はこちら

福岡県 北九州市若松区

古橋歯科医院

院長 古橋会治

 TEL:093-741-3566    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

食べることや話すこと、そして顔の表情に、歯は重要な役割を果たしている。そのため、入れ歯が合わない、かみ合わせが悪いなどのトラブルを抱えると、生活の質にも影響を及ぼす可能性が高い。そうした症状を改善する補綴歯科治療について、日本補綴歯科学会理事長の古谷野潔先生に特別寄稿をいただいた。

生活の質を向上させる補綴歯科治療とは

歯を失ってしまったら、食べ物を食べることも飲み込むこともむずかしくなります。食べること以外にも、発音や顔の表情や美しさにも影響してきます。あまりなじみのない言葉ですが、歯科領域でいう補綴とは主に失われた歯を補うことを指し、補綴歯科治療によって食べる機能、話す機能などを回復させ、口腔内の健康を取り戻すことで生活の質(QOL : Quality oflife)を維持・向上させることができます。

さまざまな治療法から適したものを選択できる

補綴歯科治療にはさまざまな方法があります。日本では古くから入れ歯(義歯)治療がなされていて、黄楊の木を彫刻し、実際に使われていたとされる数百年前の総義歯が今でも残っているそうです。現在の補綴歯科治療では、合成樹脂や金属を用いた可徹式(はめたりはずしたりできる)の部分床義歯や総義歯治療、冠(クラウン)やブリッジなどの固定式(歯に着けてしまう)の治療法もあります。

また顎の骨に金属(チタン)製の人工歯根を直接埋め込んで、その上に義歯や歯をつくるインプラント治療も行われています。

すべての方法がどの患者さんにも適応されるわけではなく、さまざまな条件を考慮したうえで治療法を選択します。

難症例にも頼れる専門性の高い歯科医師

入れ歯の痛みがなくならない、かみ合わせがしっくりこない、かみづらいなどの問題が、一般的な歯科治療でなかなか改善しない場合には、日本補綴歯科学会の認定する補綴歯科専門医を受診することをおすすめします。特に、顎の骨が大きく減っている、上下に歯があるのにかみ合わない、かみ合わせが不安定であるなどといった場合には、むずかしい症例であることが多く、専門的な視点で診断および治療を行う必要があります。

日本補綴歯科学会の取り組み

日本補綴歯科学会では、補綴歯科の専門的な知識、技術、経験を持つ専門医を育成することによって、この分野で高い水準の歯科医療を維持し、保健福祉に貢献することに取り組んでいます。2011年4月現在、日本全国に1200名余の専門医がおり、5年間の資格有効期限と取得する際の審査を義務付けています。また、学会では、会員の臨床および基礎の研究を発表して情報交換を行う学術大会を全国各地で開催し、さらに、健康長寿に大きく貢献する補綴歯科の意義を社会と国民に訴える活動を行っています。

【特別寄稿】

古谷野 潔(こやの きよし)

日本補綴歯科学会理事長

1983年、九州大学歯学部卒業。
87年、同大学大学院歯学研究科修了、
93年、同大学歯学部歯科補綴学第二講座講師を経て
97年から現在まで九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座咀嚼機能再建学教授。
2011年から日本補綴歯科学会理事長


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ