▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)





<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

「何度も治療に通うのは面倒だ」、「来週から海外に行くので、それまでに歯を治療したい」、「小さな子供がいるのであまり頻繁に外出できない」、「結婚を間近に控えており、挙式までにキレイな歯にしたい」、「遠方から通っているため、通院回数を少しでも減らしたい」・・・。

タバタデンタルクリニックでは、こうしたお忙しい方のために、極力短期間での治療を終わらせる【短期集中治療】プログラムを行っています。何週間も通院が必要な治療でも、治療内容をぎゅっと凝縮することで、治療期間を短縮できます。院内技工室を設置しているタバタデンタルクリニックでは、歯科技工士と連携することで、かぶせ物などを使った治療もスピーディーに対応することができるのです(常時2名のベテラン技工士が対応します)。ただし、インプラントや矯正歯科のようにどうしても一定の時間がかかってしまう治療もございますので、短期集中治療の内容については担当歯科医師までご相談ください。

当院では、患者さまそれぞれのライフスタイルやお悩み、ご希望を事前にしっかりお聞きし、ご希望に沿えるように、診療時間や治療計画を進めております。だからこそ、治療の質を落とすことなく短期で治療ができるのです。

院長の補綴に対する思い

2005年に大阪歯科大学補綴科にて博士号を取得し、その後もインプラントや審美補綴に関する論文を執筆するなどして、日々補綴歯科治療への研鑽を積んでおります。歯科総合医院であるため、CTを設置し、高度なインプラント外科治療から、入れ歯、審美的な歯科治療などすべて行いますが、補綴という分野は、見た目やかみ合わせなど、技術によって患者様の満足度が大きく変わり、歯の寿命にも深く影響します。従って、私の補綴歯科に対する信念は責任の持てる治療を提供し、患者様に施術直後に喜んでいただけるだけでなく、長持ちさせることによって「本当に治してよかった」と思っていただき、患者様と長く信頼関係を維持していくことだと考えております。

田畑 勝彦(たばた かつひこ)

医療法人社団TDC
タバタデンタルクリニック 院長


<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>



治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ