▽以下の広告をクリックすると各病医院の
紹介ページをご覧頂けます。

都道府県別に50音順 (法人名は除く病医院名)

山梨県 甲府市

山浦歯科医院

 TEL:055-222-2272    詳細はこちら




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

Q&Aでわかるいい歯医者2012
2011年07月15日 掲載

当院では、歯科用CTとマイクロスコープ(手術顕微鏡)を使用した治療を行っております。CTは、インプラント治療を行う際に、骨の量や質、形などを診断するために使用します。しかし、当院では、インプラントの診断のほか、歯根や根尖病巣、歯周病などの診断も、従来の2次元(レントゲン)でなく3次元(歯科用CT)で分析しており、患者さま一人ひとりにより的確な診断を目指しております。また、治療にあたっては、マイクロスコープ(手術顕微鏡)を用いて処置をし、より良好な予後を目指した治療を行っております。

マイクロスコープを用いて治療を行う理由は、CTで高度な診断が可能になったとしても、確実に処置ができなければ高度な診断の意味がないと考えるからです。マイクロスコープは、最大で肉眼の450倍の情報量のもと処置を行うことができます。従って、むし歯の治療や歯根の治療、歯周病の治療をマイクロスコープで確実に診て処置することが、より良い治療につながるといえます。また、審美治療においても、より美しく、長持ちするためにはより高精度な処置は必要不可欠です。

実際、当院では、CTとマイクロスコープを用いた、再治療をしっかり行いたいと希望される患者様が多くなっています。

インプラント治療に関しても、「ダメになったら抜いてインプラントにする」という、インプラントが先行する治療はご提案しません。なぜなら、自分の歯に勝るものはないからです。皆様が1本でも多くの歯を残し、いつまでも自分の歯で健康的な生活を送れるようにと願っております。

患者さま一人ひとりに合った治療をご提案させていただきます。一度、ご相談ください。

山浦 泰明(やまうら やすあき)

山浦歯科医院 院長




<<一つ新しい記事へ |  一つ古い記事へ>>

【 関連する記事 】




治療と検査の最新医療情報のトップページへ戻る>>


弊社記事掲載の書籍


病院ナビ
インプラント@病院ナビ